スタディサプリENGLISH

スタディサプリのビジネス英語コースに挑戦!新商品開発編第1回【現役海外駐在員がレビュー】

リクルートが提供する英語学習アプリである、スタディサプリ。

評判がいいと有名ですが、具体的にどうなのでしょうか。スタディサプリでは、

  • ディクテーション
  • シャドーイング
  • 瞬間発話プラクティス

などが取り入れられているそうですが、具体的にどう学習を進めていくのでしょうか。

私は現在ロンドンに駐在していますが、駐在前に日本で体系的にビジネス英語を勉強した訳ではなく、主に実務を通して習得してきました。

そのため、「感覚」として理解している表現などが多くあるのも事実です。

ということで、スタディサプリのビジネス英語コースに入会することを決意!

現役の海外駐在員ですが、初心に帰ったつもりでビジネス英語を体系的に勉強し、感想を紹介していきます。

この記事では【新商品開発編(TOEIC730点目安)】レベル3-1 Week1を終えた感想を紹介します。

新商品開発編(TOEIC730点目安)レベル3-1 Week1の内容

新商品開発編とは

スタディサプリのビジネス英語コースでは、4つのレベルに分かれており、【新商品開発編】は上から3つ目のレベルでTOEIC730点程度を目安としています。

レッスン内容

スタディサプリのビジネス英語コース【新商品開発編】レベル3-1のWeek1は以下の通りとなっています。

Lesson1テレビ電話の接続を確認する
Lesson2プロジェクトで何が起きているのかを説明する
Lesson3仕事の進捗状況を簡潔に説明する
Lesson4第3者が協力してくれない理由を話す
Lesson5行動方針を提案する
Review1【重要表現チェック】レッスン1~5
【スタディサプリ-ビジネス英語コース】新商品開発編レベル3-1 Week1の内容

トレーニング内容

上記のLesson1からLesson5まで、トピックに沿って以下のトレーニングが繰り返され、Review1ではLesson1からLesson5まで学習した重要表現を復習します。(この構成はビジネス英語コースで共通です

トレーニング01会話理解クイズ
トレーニング02単語・イディオムチェック
トレーニング03ディクテーション
トレーニング04会話文チェック
トレーニング05シャドーイング
トレーニング06キーフレーズチェック
トレーニング07リード&ルックアップ
トレーニング08瞬間発話プラクティス
各レッスンのトレーニング内容

ビジネス英語コースの関連レビュー記事

海外出張編(TOEIC400点目安)

【海外出張編】の5週分(30レッスン)を完了し、レビューしましたので、参考にしてください。

  • ビジネス英語コース【海外出張編】Week1の感想
  • ビジネス英語コース【海外出張編】Week2の感想
  • ビジネス英語コース【海外出張編】Week3の感想
  • ビジネス英語コース【海外出張編】Week4の感想
  • ビジネス英語コース【海外出張編】Week5の感想

PC事業部の危機編(TOEIC600点目安)

PC事業部の危機編】の2週分(10レッスン)を完了し、レビューしましたので、参考にしてください。

  • ビジネス英語コース【PC事業部の危機編】Week1の感想
  • ビジネス英語コース【PC事業部の危機編】Week2の感想

ビジネス英語コース全体のレビュー

スタディサプリのビジネス英語コース全体のレビュー記事を作成していますので、参照してください。

新商品開発編レベル3-1 Week1のレビュー

前編と比較してレッスン完了に必要な時間も延びる

【海外出張編(TOEIC400点目安)】や【PC事業部の危機編(TOEIC600点目安)】と比較すると、レッスンの完了に必要な時間が大幅に増えました。

【海外出張編】1週分の完了に必要な時間
(Week1〜Week5の平均)
68分
【PC事業部の危機編】1週分の完了に必要な時間
(Week2の実績)
84分
【新商品開発編】1週分の完了に必要な時間
(Week1の実績)
124分
レッスンの完了に必要な時間(私の実績)

【海外出張編】と比較すると実に1.8倍です。

私の場合「ディクテーション」と「シャドーイング」で時間が延びていると感じます。これは学習する単語や表現が難しくなり会話文も長くなるため、一度で理解できなかった点を繰り返し確認しているからです。

そのため、学習に割ける時間が1日あたり60分とした場合、【新商品開発編】ではレッスン2つか3つ分になりそうです。

シャドーイングも徐々に慣れてくる

シャドーイングも徐々に慣れてくる

【海外出張編】のWeek1/Week2でも紹介しましたが、「シャドーイング(影のように聴いた英語をすぐに発話するトレーニング方法)」は慣れるまでは難しく感じます。

私はこのレッスンを完了した時点で合計で10時間以上学習を継続していますが、徐々に慣れてきました。慣れるに従って、滑舌がよくなってきたと感じており、実際に英語を話す際も効果がありそうです。

始めた当初は難しいと感じても、再生スピードを調整したり、字幕を表示できたりするので、利用しつつ徐々に慣れていきましょう。

インターネット接続に依存する

インターネット接続に依存する

良いことばかりではなく、課題だと感じた点についても紹介しておきます。

スタディサプリはインターネットの利用が前提です。PC・スマホアプリともにオフラインでは使うことができません。

そのため、インターネット接続が悪い場所ではダウンロードに時間がかかります。各トレーニングの前に通信しているようで、(本日は私のインターネット接続がよくなかったため)上記画像の状態で30秒くらい固まっていました。

インターネット接続が悪い場所で学習したい方は注意が必要です。 (もちろんWi-Fi接続でも問題ありません)

まとめ:1レッスンでもいいので継続しよう

【新商品開発編】を始めてみましたが、また一段レベルが上がりました。単語や表現は難しくなり、会話文も長くなっています。

その分、一日に消化できるレッスンが少なくなりますが、1レッスンでもいいので継続していくことが重要です。

実際、シャドーイングも徐々に慣れてきて、滑舌がよくなってきたのを感じており、これを継続すれば実際の英会話でも効果を実感できそうです。