スタディサプリENGLISH

スタディサプリのビジネス英語コースに挑戦!PC事業部の危機編第1回【ロンドン駐在の私が徹底検証】

リクルートが提供する英語学習アプリである、スタディサプリ。

評判がいいと有名ですが、具体的にどうなのでしょうか。スタディサプリでは、

  • ディクテーション
  • シャドーイング
  • 瞬間発話プラクティス

などが取り入れられているそうですが、具体的にどう学習を進めていくのでしょうか。

私は現在ロンドンに駐在していますが、駐在前に日本で体系的にビジネス英語を勉強した訳ではなく、主に実務を通して習得してきました。

そのため、「感覚」として理解している表現などが多くあるのも事実です。

ということで、スタディサプリのビジネス英語コースに入会することを決意!

現役の海外駐在員ですが、初心に帰ったつもりでビジネス英語を体系的に勉強し、感想を紹介していきます。

この記事では【PC事業部の危機編(TOEIC600点目安)】レベル2-1 Week1を終えた感想を紹介します。

PC事業部の危機編レベル2-1 Week1の内容

PC事業部の危機編とは

PC事業部の危機編とは

スタディサプリのビジネス英語コースでは、4つのレベルに分かれており、【PC事業部の危機編】は上から2つ目のレベルでTOEIC600点程度を目安としています。

レッスン内容

スタディサプリのビジネス英語コース【PC事業部の危機編】レベル2-1のWeek1は以下の通りとなっています。

Lesson1要請を受け入れ、承諾する
Lesson2所属部署などの自己紹介をする
Lesson3交渉中に言われたことを説明する
Lesson4物事に対する自分の感想や意見を述べる
Lesson5待ちきれないことを表現する
Review1【重要表現チェック】レッスン1~5
【スタディサプリ-ビジネス英語コース】PC事業部の危機編レベル2-1 Week1の内容

トレーニング内容

上記のLesson1からLesson5まで、トピックに沿って以下のトレーニングが繰り返され、Review1ではLesson1からLesson5まで学習した重要表現を復習します。(この構成はビジネス英語コースで共通です)

トレーニング01会話理解クイズ
トレーニング02単語・イディオムチェック
トレーニング03ディクテーション
トレーニング04会話文チェック
トレーニング05シャドーイング
トレーニング06キーフレーズチェック
トレーニング07リード&ルックアップ
トレーニング08瞬間発話プラクティス
各レッスンのトレーニング内容

海外出張編(TOEIC400点目安)のレビュー

【海外出張編(TOEIC400点目安)】の5週分(30レッスン)を完了し、レビューしましたので、参考にしてください。

  • ビジネス英語コース【海外出張編】Week1の感想
  • ビジネス英語コース【海外出張編】Week2の感想
  • ビジネス英語コース【海外出張編】Week3の感想
  • ビジネス英語コース【海外出張編】Week4の感想
  • ビジネス英語コース【海外出張編】Week5の感想

PC事業部の危機編レベル2-1 Week1を終えた感想

対象のレベルに合わせて内容もレベルアップ

対象のレベルに合わせて内容もレベルアップ

【海外出張編(TOEIC400点目安)】と比較すると、確実にレベルが上がっています。具体的には、

  • 1センテンスが長くなる(語数が増える)
  • 話すスピードが少し早くなる
  • 使う単語や表現のバラエティが増える
  • 1レッスンあたりの会話の数が増える

といった点です。「会話理解クイズ」で内容を聞いていても、理解して頭に入れる情報量が確実に増えます。

TOEIC600点レベルの方が挑戦しても、多くの事(ビジネスに特有の表現など)を学ぶことができます。

日本人特有の間違いもカバー

日本人特有の間違いもカバー

【海外出張編】Week3でも書きましたが、「キーフレーズチェック」元大手英会話教室の講師がポイントとなるフレーズ(表現方法など)を1分程度の動画で分かりやすく解説するものです。

【PC事業部の危機編】Week1では、ビジネス上の会話がよりナチュラルになる表現に加え、日本人が間違いやすい発音についても解説しています。

これらは中学・高校の英語教育ではフォーカスされない点ですので、継続的に学習すれば必ず力になります。

まとめ:対象のレベルに合わせて確実にレベルアップ

ビジネス英語コースの【PC事業部の危機編】は【海外出張編】と比較し、対象のレベルに合わせて確実にレベルアップしています。

単語だけでなく文の構成や使われる表現など、総合的にレベルアップしており、目安のTOEIC600点の方でも十分勉強になる内容です。

引き続き、Week2についても私自身が学習して感じた点を紹介していきます。